スープカレーは何名様でも感謝があり

猫は大きくてもかわいい

化粧品を使って、肌荒れが起きてしまったら

読了までの目安時間:約 4分

新しい化粧品を使い始めて3日以内に以下のような状態になったら要注意!肌がレスキューサインを出しています。

また、使い続けてきた化粧品でも体調やお肌の変化で、突然合わなくなることもあるので注意が必要です。かゆみがでる、腫れて赤くなる、ピリピリ、ヒリヒリする、ニキビやコメドができる、化粧ノリが悪くなる、肌色のポツポツができる、赤、または肌色のポツポツができる、肌の上でいつまでもベタベタしている。上記のような状態になった場合は、すぐに化粧品の使用をストップします。肌トラブルは一時的な場合もあるので、少し様子を見てもいいですが1週間以上使い続けても症状が引かないときはやめましょう。「せっかく買ったから」と使い続けて余計に悪化して病院へとなると、余計にお金がかかってしまうこともあります。一度トラブルを起すと何をしてもヒリヒリするという場合があります。そんなときは何もせず様子を見るのが最善の対処法です。人間の身体には元々自然治癒力が備わっており、適度な清潔さをキープしてあげると、徐々によくなっていくものです。トラブルに対処しているつもりでも、かえって悪化させていることが多々あるので、触らずにそっとしておくのも一つの手です。化粧品の使用を止めているとき、洗顔は湯水だけにして石鹸もなるべく使わないようにしましょう。ゴシゴシこすったりせず、なでるようにぬるま湯だけで洗うようにします。その後は何もつけないか、以前に使っていたもので、トラブルを起したことのないものだけを使います。肌の状態が安定してきたら、朝の洗顔は石鹸で使いましょう。夜はクレンジングクリームで化粧を浮かせ石鹸で洗顔します。スキンケアは過保護になりすぎず、標準の保湿やケアをします。焦らず慎重に、ゆっくりと肌をいたわるようにケアをしてあげましょう。もともと敏感肌の方や、程度がひどい場合やなかなか治らない場合は、使用した化粧品を持って皮膚科へ行きましょう。また、使用した化粧品のメーカーにお客様相談室があれば、問い合わせてみるのもいいでしょう。場合によっては返品を受け付けてもらえることもあります。肌トラブルが起きてしまうと、ストレスにもつながります。仕事や学校、楽しみにしていたデートや飲み会に、荒れた肌で参加するのはツライものです。トラブルが出てしまったときは、主な成分や化粧品の特徴などを簡単でいいのでメモをしておいて、今後の化粧品選びに役立たせるのがベストです。

今日、ぼんやりとラジオを聞き流していたのですが、あるメロディが流れ出した瞬間、「知ってる曲だ!」と途端にラジオに意識が向きました。
私が小学生くらいの頃に好きで、よく聞いていた曲が、たまたま今日のラジオで流れていたんです。
その頃に買ったCDはいつの間にかなくしてしまって、もうずっと聞いていない曲のはずだったのに、流れた瞬間に「あの曲だ!」とわかりました。
やっぱり小さい頃の記憶というのは、忘れたと思っていてもどこかに残っているものなんでしょうね。
とても懐かしい気持ちになりながら、ラジオで流れるその曲を聞いていました。

http://xn--eckvazg9pmchz1d8040exh9d.xyz/

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー