スープカレーは何名様でも感謝があり

猫は大きくてもかわいい

セブ島に留学するときの注意点

読了までの目安時間:約 2分

さらに、外食のときにビールを飲んでも数十円で済みますし、焼肉バイキングでめいっぱい食べたとしても数百円くらい、ミネラルウォーターを買っても約20円など日本より物価が安いおかげで、滞在費もさほどかからないのです。

なかでも日本人というのは積極的に発言できない人が多いので、もっと発言できる時間は少なくなってしまうのです。

ですが、セブではマンツーマンでの授業をメインに受講することができます。ところが、現代、フィリピンのセブ島への語学留学が人気なのです。

フィリピンで使用されている公用語はフィリピン語というものがあるのですが、第2公用語でフィリピン語と同様に講義で勉強しています。また大学によっては、全講義が英語で行われるという所もあるくらい使用されています。

それに加え、テレビ番組並びにCMも字幕がつかずに英語のみで放映されていたりするのです。セブ島への留学が注目されるわけはいくつかあると言えます。
まず一つ目は留学費用の安さです。
一般的にアメリカ並びにヨーロッパというような欧米諸国の場合、ひと月の授業料や食事などの生活費は30万円以上かかってしまうのですが、セブ島の場合にはおよそ15万円です。マンツーマンであるならばよく理解できないところはその都度質問できますし、理解するまで勉強できます。
そして授業内容も発音を中心に、ビジネス英語を中心としてなど希望通りの授業を受けるといったことができると言えます。この15万円の中に寮費や食事代も含まれており、掃除や洗濯もスタッフの人がしてくれて、そのときの費用も含まれているのです。
それから、タクシーの初乗り料金は日本の5分の1以下です。さらに欧米諸国と比較するととても日本との距離が近いので、航空機代も安いです。
またビザもフィリピンの場合は、30日以内なら必要ありません。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー